Contributed―さいはて以前―

      <小説のアトリエ ―旧寄贈小説の棚―>
迷いこんだ部屋は、白一色の清潔な調度で整えられていた。
とりとめもなく室内を眺め、ふと、あなたは懐かしさを覚える。忘れていた物語、記憶の底に眠っていた過ぎた季節を思いだす。
あなたは、この書架の並びに、物語に、見覚えはないだろうか。
閲覧数 dairy -




History ―司書の来歴―

保護区への初投稿に始まる司書の執筆履歴です。 こうして見てやっぱり際立つのが‥‥筆の遅さかしら(汗





トレード  2001.4.10-(未完) 14/1/8 new 

兄貴と妹の禁断ラブラブ、でもけっこうなハードSM。
近親モノゆえの愛情まじりのエロ展開は、ストレートすぎていまだに恥ずかしいぐらい。
※2013年より執筆再開しています※




バースディは家族と‥‥  2000.1.31
詩帆の気まぐれDiary    2001.2(不明)

忘れもしない司書の処女作、詩帆と圭の姉弟のお話です。
文体もなにもかも初々しいですが、実はけっこうお気に入り。可愛い弟に虐められる姉の構図、大好きです(笑



E−TAC  2001.1-2001.9(完結)

司書の一番の自信作にして、05年2月現在、唯一完結している長編です。
舞台は大学の奇術サークル。主人公は9人。
当時、保護区の如月さまが連載されていた『あんたっちゃぶる』に感動し、その影響を色濃く受けています。 このお話が気に入っていただけたなら、『あんたっちゃぶる』もオススメです。



いつかみたアイのカタチ  2000.01.31-(未完)

よくある「Girl meets boy」系。
クラスメイトに誘われ、ほんの好奇心から縛られることに応じた女の子が、初めての体験に溺れていく‥‥。 司書の2作目になります。










放課後のゆううつ 2000.08.20-(未完)

初めて書いた凌辱モノ。
女教師がおかしな生徒に弱みを握られて調教されます。 でもやってることはほとんど放置と露出散歩‥‥(汗





首輪のある風景  2000.12.01-2001.10(未完)
 
これは拘束少女保護区で行われた首輪祭への投稿作です。 投稿作家さんたちが競って、首輪をテーマにさまざまなお話がありました。












他の旧作についても逐次更新&続きを書いて完結させていきたいと思います。
詳しい更新情報については、 What's Aboutからどうぞ。

Entrance Novels Draft Gallery bbs Links